手形貸付業者の選び方 » 銀行に手形貸付を断られることもある

銀行に手形貸付を断られることもある

運転資金で利用しやすい、銀行の手形貸付とは

証書貸付よりは利用しやすく当座預金口座が必要となる手形貸付について、銀行との関係などを紹介します。

銀行取引約定書に基づく手形貸付とは

手形貸付は銀行に当座預金口座を開設して、銀行取引約定書を締結しておくのが基本。その契約内容にそって手形を振り出して融資を受けるわけですが、最初の契約があるので一回一回契約をしなくても手形貸付による資金調達が可能となります。

この手形には口座のある銀行名が予め書かれていて、利用する際に会社名を書いて押印するだけ。得意先から支払サイトが比較的長めに設定されている業界の中小企業なら、運転資金などに使いやすい資金調達方法といえるわけです。

手形貸付は短期借入が基本。不渡りには要注意

手形貸付は得意先からの支払が手形だったり、売掛金があって数ヶ月先には入金されるなど、資金の宛てが見えているケースで利用されるのが基本。そのため、長くても1年以内の借入となるのが一般的で、むしろ借りては返済するといった短期サイクルを繰り返す、「運転資金」や「つなぎ資金」などに使われます。

なお、例えば1年後の一括返済で手形貸付の融資を受けたとして、1年後に同額の手形貸付で借換をするといった使い方もあります。ただし、6ヶ月以内に2回、手形を決済できず不渡りを出してしまうと、銀行取引は停止となってしまい、金融機関全社にそれが知られてしまいます。

便利ではあるものの、きちんと返済の目処が立っていない中で安易に手形貸付を頻繁に使ってしまうと、本当に資金繰りに窮した時、銀行取引停止になってしまうため、注意が必要です。

銀行以外にも手形貸付で融資をする貸金業者はいる

手形貸付は何も銀行だけが取り扱っているサービスではありません。ノンバンクの貸金業者でも取り扱っています。

手形貸付は証書貸付よりも銀行の審査が甘めになるとはいわれているものの、やはり中小企業側にとって銀行の審査はハードルが高いのが実状。銀行の審査に落ちた後、ノンバンクの貸金業者で手形貸付による融資を受けられたという実績はいくつもあります。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する