手形を悪用した詐欺の手口

パクリ屋などに注意したい、手形詐欺の事例集

このページでは、複数の業者が結託するケースやパクリ屋・サルベージ屋など、手形詐欺の事例を紹介します。

複数の業者同士で情報共有して融資を持ちかける

約束手形や小切手を融資の担保として中小企業や個人事業主に資金を貸し付ける業者のなかには、複数の業者同士で情報共有をして借金を雪ダルマ式に膨れ上がらせようとする悪徳業者が存在します。

最初にある業者からの融資を受けて、その返済に遅れたりすると、知らない別の業者から電話連絡やダイレクトメールが届くようになります。同時に、最初の業者は取立てがきつくなって、中には「ここから借りて返済してください」と他の業者を紹介してくるケースもあるんだとか。

そして複数の業者から借入してしまい負債はどんどん膨れ上がり、返済日が近づくたびに融資を持ちかけられるという悪循環にはまってしまうわけです。

これによって借金の額はもちろん大きくなりますし、金利の支払額も比例して大きくなり、最終的には破産に至ることもあります。

手形を振り出させて行方をくらますパクリ屋

パクリ屋と呼ばれる手形詐欺の典型的パターンは近年減りつつあるものの、まだまだ油断ならない詐欺の1つ。

はじめのうちは少ない金額で数回手形を振り出させては融資をし、客側を信用させるのがファーストステップ。その後にまとまった金額の手形を振り出させて、融資をせずに行方をくらますという手口です。

結果、資金調達できていない手形が悪徳業者などの手に渡ってしまって、手形の決済を迫られるという事態に陥ります。

パクリ屋と結託して手数料を要求するサルベージ屋

サルベージ屋とは、パクリ屋によってどこにあるかわからなくなった手形を見つけてくれる業者のこと。一見、被害者の味方のようにも思えますが、なかにはパクリ屋と結託しているケースもあるので注意が必要です。

パクリ屋の被害に合うようなパターンは、会社や事業が世間に知られたくない状況にあり、警察にも相談できない…というケースが珍しくありません。その弱みにつけ込む悪質なサルベージ屋は被害者に手数料を要求し、さらにお金をだまし取ろうとしていきます。

パクリ屋から手形を取り返してやるというサルベージ屋があらわれても、安易に信用してはいけません。貸金業相談・紛争解決センターや消費生活センターなど信頼できる組織・団体に相談するようにしましょう。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する