利息が低い正規業者3選 はコチラから>>
手形貸付業者の選び方 » 手形貸付のメリット・デメリット » 手形貸付の審査は通りやすい?

手形貸付の審査は通りやすい?

手形貸付の審査は甘い?

手形貸付は他の資金調達と比べて審査が甘いといわれています。これは、融資を申し込んだ本人よりも、手形を振り出した企業の方が重要となるため。東証一部上場企業や大手企業の手形の場合、担保としての能力が非常に高いと判断されるので、融資を実行する側も安心感や信頼感があります。

とはいえ、いくら審査が甘いといっても、中小企業側からすると銀行の審査はハードルが高いでしょう。しかし、銀行の審査が通らなかった場合でも、ノンバンクの貸付業者なら審査が通ったという実績はいくつもあります。

手形貸付の審査基準

手形貸付の基準は、会社の財務内容が大きく関係するため甘くはありません。もちろん、財務内容が良好で金融機関から信用を得られれば、比較的簡単に審査をクリアできます。

また、手形貸付は1年以内での完済を基本とした短期間融資のため、短い期間で返済できるかが問われます。業績が不安定でしばらく赤字が続いており、1年以内に経営が行き詰る可能性がある場合は審査が通りません。

ですが、こちらは銀行融資に限った話。ノンバンク系の業者によっては独自の審査基準を採用し、赤字決済でも融資を実行してくれる会社もあるようです。

また審査をクリアするには、手形貸付を利用して資金調達をする理由が重要になります。つまり、資金用途をしっかりと説明し、融資担当者に理解してもらわなければならないのです。

基本的には運転資金に使用することが多いですが、商品の仕入れやボーナス支給など、その用途をより具体的に理由を説明できると良いでしょう。

手形貸付では「信用」が最重視されるため、手形貸付を利用する前にその金融会社での取引実績をつくっておくのも有効です。

手形貸付の審査対策

資金用途を明確にする

手形貸付に限らずすべての融資において、資金用途を明確にするのが非常に重要です。資金用途がはっきりしていれば、実際に融資の相談に行った際、担当者から「借りるお金を何に使うか」を聞かれたときに詳しく答えられます。

逆に資金用途が曖昧な場合、借りたお金をなんとなく使ってしまう危険性があるうえ、銀行からの信用を得にくいです。

また、説明した資金用途と異なる使い方をするのは資金使途違反にあたり、今後の借入に支障をきたすため注意しましょう。

業績が安定しているときに依頼する

手形貸付の審査は短期間での返済能力の有無を判断するため、直近の業績が注目されます。業績が悪ければ「この会社には返済能力が無い」と判断されてしまい、審査をクリアするのは困難になってしまうでしょう。

一方で業績が安定しているタイミングで当面の資金不足を補いたい場合は、「十分な返済能力がある」と見込まれ、審査が通りやすくなります。

手形貸付に適した資金用途を提示する

先ほど「資金用途を明確しておくのが重要」だとお伝えしましたが、用途がはっきりとしていれば審査に必ず通るとは限りません。審査担当者が「これなら融資を実行できる」と感じる内容であることを意識しましょう。

ポイントは、短期間の融資で実現可能な目的であるかという点です。一時的な資金不足の解消なら問題ありませんが、数年にもおよぶ計画となる場合は、手形貸付ではなく、ほかの融資方法のほうが適していると判断されて、審査に通らなくなってしまいます。

保証協会を通す

融資を受けやすくするための方法として、信用保証協会を通すという手段もあります。信用保証協会とは、信用保証協会法によって設立された認可法人で、中小企業が融資を受ける際に債務の保証を実施している機関です。

金融機関と保証協会の両方の審査を受けなければなりませんが、原則として連帯保証人は必要がないなどのメリットがあります。金融機関からの信用を得やすいので、融資を受けられる可能性が高いです。

審査が通りやすい正規の手形貸付業者3選

A-pro

A-proの公式HP画像
引用元:a-pro公式サイト
https://a-pro.in/

数ある貸付業者の中でも、法人を対象に事業資金の融資を行う専門会社です。東京都に登録されている正規貸付業者で、個人向けローンと比較して知名度は低いものの、法律を遵守しているため安心感があります。

そんなA-proの魅力はスピーディーかつ合格しやすい審査です。独自の審査基準を設けているので銀行での融資を断られた人にも融資をしたり、最短即日で融資を行った実績があります。

A-proの手形貸付の概要

A-proの提供している貸付手形は、10万円~300万円の融資を最短即日で受けられます。相談内容によっては10万円以下であったり、300万円を超える融資にも対応可能です。銀行での審査が通らなかった、赤字決算の企業にも融資を行った実績も豊富で、高い対応力が期待できます。

返済は最長36回かつ最長3年、利息は6.80~18.00%で、他社と比べて低めのラインに設定されているでしょう。

A-proの融資にかんする評判

  • 貸付業者を探していたところネットでA-proを知り、すぐに融資の相談をさせてもらいました。元々は他の業者で手形割引を利用していたため、「もしかしたら取引ができないかもしれない」と不安でしたが、担当者さんの対応は非常に丁寧で審査もクリアできました。ちょうど資金繰りに困っていたので、とてもありがたかったです。
  • 銀行での融資を断られてしまい、この先どうしようか困っている時に相談しました。他の業者や金融機関とは違う審査基準を採用しているようで、無事に審査をクリアできました。担当者さんの柔軟な対応も好印象だったので、資金繰りに悩んでいる人にはぜひ利用してもらいたい業者さんです。

A-proの公式サイトで
手形貸付の詳細を確認する

A-proに
電話で相談する

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの公式HP画像
引用元:ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ公式サイト
https://www.jpnfs.com/

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズは、グローバルな投資事業会社であるチャータードグループに属しており、日本だけでなく世界6ヶ所に拠点を持っています。手形貸付のように短期融資の審査では、事業計画書を基に今後の成長性なども見越した独自の審査基準を用意。これも経営サポートもしている企業だからこそできるサービスです。

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの手形貸付の概要

手形貸付における融資額は100万円~5,000万円で、幅広いニーズに応えられます。一方、返済期間は8か月以内で、最大6回の分割払いができるため、しっかりとシミュレーションを行いましょう。

利息は8.00%~14.90%となっており、遅延損害金は上限の20.00%です。保証人は原則不要ですが、場合によっては保証人や売掛債権などの担保が必要となることがあります。

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの融資にかんする評判

口コミ・評判が見つかりませんでした。

JFSの公式サイトで
手形貸付の詳細を確認する

JFSに
電話で相談する

大黒屋

大黒屋の公式HP画像
引用元:大黒屋公式サイト
https://www.dai-kokuya.co.jp/

物的担保より人物的信用を優先し、中小企業や個人事業主に向けた事業資金の融資を行っている会社です。手形貸付だけでなくさまざまな融資商品を扱っているため、自分に合った借入方法を選べます。年間の利用企業数は15,000社にも及び、優良法人に与えられる表形状を1972年から9期連続授与しており、リピート率も93.8%と高いのがポイントです。

大黒屋の手形貸付の概要

大黒屋の手形貸付は、各企業の要望や独自の審査基準により貸付限度額が決定されるのが特徴です。貸付利率は5.00%~19.8%で、返済期間は最長12か月、返済回数は最長60回に設定されています。また、返済期間や回数についての相談にも柔軟に対応しているため、不安な場合は相談してみると良いでしょう。

さらに、保証人や担保の必要がなく、素早い融資を実行してくれるのも良いところです。

大黒屋の融資にかんする評判

  • 手形信用貸付を利用しましたが、こちらの会社はさまざまな角度から会社のことを考えてくれたのに感動しました。他の会社は決算書の数字だけを見て融資を断られてしまったので、人間味あふれる対応にとても感謝しています。今後も会社の資金繰りに困った時は、大黒屋さんを利用したいと思っています。

大黒屋の公式サイトで
手形貸付の詳細を確認する

JFSに
電話で相談する

利息が低い正規業者2選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い2社を選びました。

A-pro

A-proの公式HP画像
引用元:a-pro公式サイト
https://a-pro.in/

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの公式HP画像
引用元:ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ公式サイト
https://www.jpnfs.com/

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する