手形貸付業者の選び方 » 手形貸付で即日事業資金を得るために必要なこと

手形貸付で即日事業資金を得るために必要なこと

最短即日の事業資金融資を目指す!手形貸付の必要条件

このカテゴリーでは、最短即日融資可能な専門業者もある手形貸付で、素早い事業資金調達を実現するための必要条件を紹介します。

銀行の手形貸付で即日事業資金を得る方法

銀行の手形貸付は、予め当座預金口座を作った上で、銀行取引約定書を締結しておく必要があります。当然、ノンバンクなどに比べて最初の審査はハードルが高く、必要書類もたくさんあるため、初めて手形貸付を契約するところからのスタートで、銀行から即日事業資金を得るのは現実的ではありません。

一方、予め銀行と手形貸付の契約ができていれば、その契約内容にそって資金調達するのは手軽なもの。銀行所定の約束手形は予め契約企業に渡されるので、そこに金額と会社名を書いて押印するだけで済みます。

基本的には短期返済の比較的小規模融資となりますが、手形貸付の手軽さに慣れてしまうと、毎月のように利用してしまう中小企業もあるようです。

銀行以外の貸金業者の手形貸付で即日事業資金を得る方法

初めての手形貸付で最短即日融資を期待するなら、やはりノンバンクなど銀行以外の貸金業者の方が可能性は高まります。

それでも、きちんと準備をしておかなければスピーディーな審査・手続きは難しいでしょう。

以下に重要ポイントをまとめましたので、ご確認ください。

手形貸付の手続きに必要な書類を揃えておく

貸金業者によって必要書類には多少の違いがありますが、主なものは以下となります。

  • 代表者本人の身分証明書
  • 法人の商業謄本
  • 2期分の決算書もしくは確定申告書
  • 取引先通帳のコピー
  • 当座照合表
  • 印鑑証明書

印鑑証明書以外は審査に必要で、通った場合は印鑑証明書と実印、そして融資を受ける金額に合った収入印紙が必要となります。

印紙税について詳しく調べる

担保は必須でなくても無担保よりは有利になる

手形貸付は無担保でも利用できますが、より確実かつスピーディーに融資を受けるには、やはり担保がある方が有利になります。

複数回の取引履歴があれば信用が増す

初回取引では無理ですが、資金繰りにまだ余裕がある時でも、手形貸付を利用して期日返済するという、取引履歴を積み重ねておくことも大切。これによって企業としての信用が増して、本当のピンチの時にも新規契約よりは融資を受けやすくなります。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する