手形貸付業者の選び方 » 手形貸付に必要な書類と担保の有無

手形貸付に必要な書類と担保の有無

必要書類や担保の有無で理解する手形貸付

最短即日融資可能な専門業者もある手形貸付で、素早い事業資金調達を実現するための必要条件を紹介します。

事業資金目的の手形貸付の審査に必要な書類とは

中小企業が事業資金を調達する場合、法人としての審査を受けることになるため、財務状況などがわかる書類を用意しておくと、審査もよりスピーディーに進みます。

当サイトで紹介している貸金業者のA-proジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズを例にとって、審査時に必要となる書類を紹介しましょう。

2社に共通する、手形貸付の審査に必要な書類

代表者本人確認資料、決算書など、商業謄本または商業登記事項証明書

手形貸付の審査に必要な書類:A-pro独自

取引先通帳コピー(3ヶ月分)、当座照合表など(追加指定の書面・証明書が必要なケースあり)。

手形貸付の審査に必要な書類:ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ(JFS)独自

予約申込書・個人情報取扱同意書、資金繰り表または事業計画書。

厳密にいえば、「決算書など」としている書類は確定申告書や税務申告書・所得証明書などのいずれかといった意味合いになります。2期分を用意すればいいケースもあれば、3期分が必要となるケースもあります。

通帳や資金繰り表は名目が違ってもキャッシュフローをチェックするもの。事業計画書は今後の可能性なども加味して審査するという意図が見受けられます。

手形貸付の契約に必要な書類とは

続いて、審査通過後の手形貸付契約に必要となる書類などを紹介します。

2社に共通する、手形貸付の契約手続きに必要な書類など

印鑑証明書、実印、収入印紙

A-proは上記3点のみですが、ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの場合、申込時必要書類の原本商業登記事項証明書も合わせて用意する必要があります。

手形貸付には担保が必要?

手形貸付を利用する場合、企業として手形を振り出すことになり、これ自体が商業手形担保となります。そういう意味では無担保ではないのですが、他に担保がなくても、手形を担保とすることで融資を受けられるわけです。

なお、審査状況によっては売掛債権などを担保として要求されるケースもあります。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する