ビジネスローン

無担保・無保証のビジネスローンのメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

金利は要注意!
ビジネスローンの特徴

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主を対象として事業資金を融資するサービス。無担保かつ第三者保証人が不要で、最短即日融資も可能といったように、便利な資金調達方法のひとつといえます。

銀行や消費者金融のカードローンと同じような仕組みにも思われますが、用途が事業資金に限られるのがビジネスローンの特徴。

個人事業主を例にとると、個人の生活に関する支出に使うのか、事業用途なのか、切り分けが難しいケースもあるでしょう。その点にフォーカスした場合、ビジネスローンは金利がやや高めになるのと、限度額が大きめになるのがポイントで、短期のまとまったつなぎ融資などに利用すると利点を活かせるわけです。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンの主なメリットは以下になります。

最短即日融資が可能なサービスもあり

貸金業者などのビジネスローンでは最短即日融資が可能なサービスがあります。同じビジネスローンでも公的機関など堅めのところだと即融資というわけにはいきませんが、スピード重視で資金調達するのに便利です。

担保や第三者保証人がいらない

ビジネスローンでは一般的に無担保かつ第三者保証人がなくても融資してくれます。法人で融資を受ける場合、経営者が連帯保証人となるものの、第三者保証人を立てる必要がないわけです。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンの主なデメリットは以下になります。

借りやすいサービスは金利も高めになる

ビジネスローンといっても銀行とノンバンクなどでは後者の方が金利は高めに設定されています。後者の方が借りやすいという側面があるのとトレードオフで、返済総額は高くなるので注意してください。

金利や返済条件などの相談は難しい

ビジネスローンはその業者及びサービスによって決まった条件がある商品。従って、金利を下げてもらうといった交渉は難しいと考えましょう。

ビジネスローンと手形貸付との違いとは?

ビジネスローンはスピーディーに資金調達しやすいメリットがあるものの、手形貸付よりも提出しなければならない書類が多くなる可能性があります。

手形貸付は「手形」が持つ性質や効力の強さもあり、経営状態が良好で返済の見込みさえあれば、融資を受けやすいサービスといえます。

いずれも最短で即日融資に対応可能な会社があり、つなぎ資金の調達方法として有効ですが、経営状態が良好なのであれば、手形貸付を利用した方が総支出を抑制できる可能性は高いでしょう。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する