証書貸付

長期融資での利用が多い証書貸付のメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

手続きに手間がかかる
証書貸付の特徴

証書貸付の「証書」とは、言い換えれば「金銭消費貸借契約書」のこと。そう、お金の貸し借りを書面にして、金融機関から融資を受ける方法です。借用書借用証書と呼ばれるのも基本的には同じもの。大枠でいえば、融資を受けるのに契約を交わさないケースこそないわけで、広義の証書貸付には消費者ローンなども含まれるわけです。

ただし、事業資金を調達する場合の証書貸付というのは、中小企業が銀行と1年以上の返済期間で契約して、長期融資を受けるケースを意味します。

金銭消費貸借契約書を都度作成するのにはじまり、印鑑証明書や登記簿、連帯保証人の捺印が必要となるなど、手続きに手間がかかるのも大きな特徴といえます。

証書貸付のメリット

証書貸付の主なメリットは以下になります。

設備投資や事業拡大などまとまった額の資金調達に有利

日常的な運転資金ではなく、設備投資や事業拡大などに伴って、大きな資金を調達しようという場合、返済期間が長めとなる証書貸付が適しています。

月々の返済金額をある程度抑えることができる

返済期間が長めになることもあり、月々の返済金額としては融資額のわりに少なめとなるのも証書貸付の特徴。文字通り、コツコツ返済していくタイプの資金調達となります。

証書貸付のデメリット

証書貸付の主なデメリットは以下になります。

申込の必要書類や手続きなどに手間がかかる

長期間、多額の融資を受けるケースが多くなる証書貸付では、必要書類も多くなりますし、連帯保証人を求められるのもよくある話。手続きにはそれなりの手間と時間がかかるので、すぐに現金が必要な状況には向きません。

トータルの返済額は大きくなる

長期間多額の融資を受けるという意味では、無理なく返済計画を立てられる面があるものの、結果的に見ると返済総額は大きくなってしまいます。

証書貸付と手形貸付との違いとは?

証書貸付は中長期スパンで設備投資や事業拡大などを目的に、まとまった資金を調達するもの。

手形貸付は、もともと先行き現金になるはずの資産を買い取ってもらうことで、直近の運転資金を調達するのに向いています。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する