証書貸付

長期融資での利用が多い証書貸付のメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

手続きに手間がかかる
証書貸付の特徴

証書貸付の「証書」とは、言い換えれば「金銭消費貸借契約書」のこと。そう、お金の貸し借りを書面にして、金融機関から融資を受ける方法です。借用書借用証書と呼ばれるのも基本的には同じもの。大枠でいえば、融資を受けるのに契約を交わさないケースこそないわけで、広義の証書貸付には消費者ローンなども含まれるわけです。

ただし、事業資金を調達する場合の証書貸付というのは、中小企業が銀行と1年以上の返済期間で契約して、長期融資を受けるケースを意味します。

金銭消費貸借契約書を都度作成するのにはじまり、印鑑証明書や登記簿、連帯保証人の捺印が必要となるなど、手続きに手間がかかるのも大きな特徴といえます。

証書貸付のメリット

証書貸付の主なメリットは以下になります。

設備投資や事業拡大などまとまった額の資金調達に有利

証書貸付のメリットは1年以上という長期資金を借りられる点。その特徴を活かして、設備投資や事業拡大などまとまった額が必要な資金調達に適しています。

設備投資や事業拡大を行う場合、長期スパンでの投資資金回収を想定しなくてはなりません。返済期間が短い手形貸付やビジネスローンにはあまり向きません。審査は比較的厳しくなりますが、長期融資を受けたい方におすすめです。

月々の返済金額をある程度抑えることができる

証書貸付は1年以上の返済期間が設定されます。借入額が高額になっても返済期間が長いため、月々の返済額を抑えることができます。簡単に言えばコツコツ返済していくタイプの資金調達です。

また金融機関や業者など利用会社との相談になりますが、返済期日や毎月の返済額、ボーナス返済の採用、繰上返済の取扱い…といった返済方法を細かくアレンジできるのも魅力。会社の経営状況や依頼主のニーズにあわせてカスタマイズできます。

証書貸付のデメリット

証書貸付の主なデメリットは以下になります。

申込の必要書類や手続きなどに手間がかかる

証書貸付のデメリットは手続きが煩雑で、手間や時間がかかってしまう点。高額な融資が受けられる分、提出が必要な種類が多く、また審査時にも貸し出し条件や資金回収のシミュレーション、融資の必要性の確認などに時間がかかます。

基本的には保証人不要の融資手段ですが、連帯保証人を求められるケースもままあり、急遽保証人を探さないといけなくなることも。すぐに現金が必要な状況には向いていません。短期的な運転資金の場合は、手続きが簡単で審査がはやい資金調達方法のほうが良いでしょう。

トータルの返済額は大きくなる

返済期間を長めに設定でき、毎月の返済の負担が少ない点が証書貸付の魅力。ですが、その反面利息の負担が重たくなるというデメリットもあります。当然の話ですが、融資期間が長引けば長引くほど、長期にわたって金利を支払わなくてはなりません。そのほかの融資手段と比べるとトータルの返済額が大きくなってしまいます。

ゆとりのある返済計画が立てられますが、必要以上に資金を借り入れたり返済期間を長くしたりすると、その分利息がかさんでしまいますので、注意して計画的に返済スケジュールをたてましょう。

審査が比較的厳しい

証書貸付は長期的かつ高額な融資が受けられる資金調達方法です。銀行や業者など融資をする側にとっては貸し倒れのリスクが高く、万が一返済できなかった場合の損失も大きくなります。そのため、手形貸付などと比べると比較的厳しい審査が設けられています。

審査のポイントは「長期にわたる返済を安定して行える企業かどうか」。安定性が重視させるので、会社のこれまでの経歴や過去の売上、利益の推移などが基準となります。まだ開業して間もない会社や赤字経営が続いている会社は、審査に通るのは難しいかもしれません。

証書貸付の審査

審査の基準となるのは「安定して毎月の返済が行えるかどうか」です。

証書貸付の場合、設備投資や事業拡大などを目的とした長期的かつ高額な融資になるケースが多く、また借入リスクを背負うことによる経営の不安定さが増すため、審査は比較的厳しくなります。

事業利益や減価償却相当額など返済財源となる項目はもちろんのこと、会社のこれまでの経営状況、売上や利益の推移、さらに会社の将来像を把握するため「事業計画書」も審査の対象となります。

それらの内容から融資を行う側で必要資金額の検証や回収シミュレーションを実施し、無事クリアすれば融資を受けることができます。

証書貸付の注意点

証書貸付で融資を受ける際は「金銭消費賃借契約書」という契約書を交わします。これを差し入れてしまうと後から変更することはできません。

金銭消費賃借契約書には契約日や借入金額、返済方法、返済期日、借入利率などの基本的な融資条件のほかに、細かく決められた条項も記載されています。すべて理解したうえで契約しなければ、のちのちのトラブルの種になりかねません。不明箇所がある場合、きちんと確認しておくようにしましょう。

また金銭消費賃借契約書の控えを貰えない場合は、自らコピーを取っておいたほうが安心です。「控えをいただけますか?/コピーしてもいいですか?」の一言を忘れないようにしましょう。

証書貸付の返済法

手形貸付は基本的に一括返済となりますが、証書貸付は分割による返済が行えるのが特徴です。返済方法は「元金均等返済」「元利均等返済」の2種類があり、事業資金の調達に用いられる融資には元金均等返済が、住宅ローンや教育ローンなどの個人向けローンには元利均等返済が適用されるのが一般的。

それぞれの特徴を簡単にまとめると元金均等返済は返済を重ねるごとに利息額が減っていき、元利均等返済は利息も含めて毎月の返済額が一定となっています。

それぞれにメリット・デメリットや向き不向きがありますので、返済方法を選べる場合は担当者などと相談しながら、状況に合わせた返済方法を選びましょう。

元金均等返済

元金均等返済では元金の部分の返済を毎月一定にして、金利は融資残高に応じて変動する返済方法です。、返済開始当初の返済額は大きくなりますが、返済を重ねるにつれて返済額は減っていきます。また元金の返済が早くなるため、元利均等返済と比べるとトータルの返済額は少なくなります。※借入期間が同じだった場合

元金返済返済は主に、事業を営む企業に利用されます。支払い利息が少なく済む…という点ではかなり魅力的ですが、返済開始当初の負担が重いため、事業の運営が思わしくなく返済財源が乏しい企業にとっては難しい返済方法です。経営が安定した健全な事業向きの選択と言えるでしょう。

元利均等返済

元利均等返済は、事業者向けの事業資金調達の返済方法として利用されることはあまりありません。一般的に、住宅ローンや教育ローンなど個人が利用するローンの返済に適用されるのがほとんどです。とはいえ、事業資金の融資に適用できないわけではありません。元利均等返済を利用できるか、どちらのほうが向いているかは担当者と話し合って決定するようにしましょう。

特徴は毎月の返済額が一定であること。元金部分・利息部分含めて一定なので、毎月の返済額を把握しやすく、返済計画も立てやすいいというメリットがあります。デメリットは元金返済返済の場合と元金部分の減少が遅いため、トータルの返済額が大きくなります。※借入期間が同じだった場合

証書貸付と手形貸付との違いとは?

証書貸付は中長期スパンで設備投資や事業拡大などを目的に、まとまった資金を調達するもの。

手形貸付は、もともと先行き現金になるはずの資産を買い取ってもらうことで、直近の運転資金を調達するのに向いています。

賢いつなぎ融資「手形貸付」を
検討してみる

金利の違い

金利で比較すると、基本的に手形貸付のほうが安くなります。証書貸付の金利が高い理由は、長期間かつ高額な借り入れが行えるため。貸し倒れのリスクと損失が大きくなる分、金利が高く設定されているのです。

事業拡大や設備投資などで高額な資金調達が必要なら仕方ありませんが、つなぎ資金を要している場合は手形貸付を利用したほうが金利の負担が少なく済みます。

借入可能額と期間の違い

手形貸付は基本的につなぎ資金などの高額でない資金調達に用いられるもので、証書貸付に比べると借入可能額は高くありません。借り入れ期間も短く、1年以内と定めている業者が多いようです。

証書貸付は借り入れ期間1年以上を前提とした長期融資手段。借入可能額も高く設定されており、事業拡大や設備投資などに要されるまとまった額を借り入れることができます。

そのため高額な資金を長期的に借り入れる必要があれば証書貸付、短期的なつなぎ資金で事足りる場合は手形貸付が適しています。

審査の厳しさの違い

審査の厳しさで比較すると圧倒的に手形貸付のほうがゆるく、審査に通りやすくなっています。証書貸付が長期的かつ高額な融資に用いられることを考えると当然と言えるでしょう。

手形貸付の場合は業者によっては銀行の融資審査に落ちた中小企業や赤字経営の会社であっても、審査に通って融資を受けられる可能性があります。

収入印紙代の違い

印紙税が安く済むのも手形貸付のほうです。

証書貸付の場合、契約書を2部作成する必要があるため印紙税も2倍かかります。たとえば1,000万円の借り入れを行う場合は印紙税1万円×2部分=2万円を支払わなくてはなりません。手形貸付は印紙税がそもそも証書貸付より安く、必要なのは1部分のみ。1,000万円借り入れた場合でも4,000円で済むのです。

証書貸付を利用した方の体験談

「自分に合った返済計画を立てられました」

いきなり取引先からの集金に遅れが出てしまい、下請けへの支払いや雇用者の給与の支払いに困っていたところ、インターネットで見つけた会社に問い合わせて証書貸付を利用しました。丁寧で迅速な対応はもちろん、無理のない返済計画も提案してもらえたのも印象に残っています。おかげで下請けや雇用者への支払いも無事に行うことができました。また何かあった際には、証書貸付を行いたいと思っています。

「気持ちの余裕が生まれました」

飲食店を営んでいますが、ここ最近競合店が増えて資金繰りが計画通りに進まず、支払いが厳しい状態になってしまいました。そこで頼ったのが証書貸付です。手続きに関する手間はありましたが、まとまった額を受け取れたので、これまで抱えていた資金繰りのストレスから解放され、料理やサービスの向上に集中できるようになりました。また余裕ができたら証書貸付を利用して、店舗のリフォームを検討したいと思います。

「月末の資金不足を乗り越えられました」

月末に資金が不足する可能性があったので不安になり、証書貸付の相談をさせてもらいました。担当者は申し込みの時から親切・丁寧に対応してもらえましたし、無茶な要望に対しても嫌な顔ひとつせず対応してくれたことに感動しています。返済期間も長いので、毎月無理のない範囲でコツコツと返済できそうです。手続きが早くできるうえ、入金までの判断が素早く使い勝手が良い点も素晴らしいと思います。

証書貸付に対応している業者5選

証書貸付で融資が受けられる業者を5社紹介します。それぞれサービスの特徴が異なるため、しっかりとチェックしておきましょう。また、過去に証書貸付を受けた人の口コミ評判も確認することで、サービスのイメージを明確にできます。

A-pro

法人向けに事業資金の融資を行うA-proは、東京都にて正規の貸金業者として登録されており、日本貸金業協会会員の加盟企業でもあります。マスメディアにおける広告宣伝をほとんど行っていないため認知度は低いものの、正規登録業者のため誰でも安心して利用可能です。

公式ホームページでは融資までの細かい流れだけでなく、返済シミュレーションのページも設けられており、借入金額と年利における月々の支払い額が確認できるようになっています。

A-proの証書貸付の特徴

A-proにおける証書貸付は10万~300万円を限度額としていますが、これ以下・以上の希望に対しても柔軟に対応しています。金利は6.80%~18.00%で、法定金利内に収まっているため安心して利用できるでしょう。また、返済期間と回数は最長3年で36回払いまでとなっています。

担保や保証人は原則不要。デリケートなやり取りは経営者個人と行えます。希望する電話番号に社名ではなく、担当者名で電話をかけてくれるなど、「社員に余計な心配をかけたくない」という経営者への配慮も行き届いています。

A-proで融資を受けた方の口コミ評判

  • 資金不足に悩んでいたところ即日融資が可能なA-proさんを知り、早速相談をさせてもらいました。即日融資の会社ってなんだか怪しいイメージがあって少し抵抗がありましたが、担当の方がきちんと説明をしてくれたため、結果的に安心して利用できました。こちらのニーズにも寄り添ってくれて本当に感謝しています。
  • 社員に不安を抱かせたくなかったので、融資を内密に進めたいと考えている旨を伝えたところ、快く受け入れてもらえました。連絡は会社の電話ではなく、経営者である私の携帯電話に個人名でかけてくれるため、社員に心配をかけることなく融資を受けられたと思います。
  • 留学のために来日し、その後日本にて会社を立ち上げました。A-proは日本国籍でなくても利用できますし、審査基準も変わらないため、申込書や契約書をきちんと理解したうえで記入できれば、比較的融資を受けやすい会社です。審査で必要な書類も会社に常備しているものがほとんどだったので、気軽に利用できて良かったです。

A-proの公式サイトで
証書貸付の詳細を確認

オリコ

オリコは、法人だけでなく個人事業主にも門戸を開放している信販系大手企業です。法人向けのサービスでは「オリコビジネスサポートプラン」というビジネスローンを用意しており、オリコのクレジットカードさえ所持していればいつでもサービスを利用できます。

また、申込みのたびに証書貸付契約を締結する証書貸付タイプの商品もあり、まとまった資金需要向けのサービスも提供可能です。担保や第三者保証は不要ですが、1年以上の業歴が必要となります。

オリコの証書貸付の特徴

オリコでは、加盟店またはオリコクレジットカードを利用している法人・個人事業主に限り、最高1,000万円の資金融資が可能です。契約時の来店も不要で、まとまった資金が素早く調達できるのも特徴でしょう。原則として担保・第三者保証は不要ですが、1年以上の業歴が必要となります。

また、ビジネスサポートプランを利用すれば、年会費や入会金もかかりません。小口から大口の資金需要にも幅広く対応しています。さらに借入額が年収の1/3を超過していても、返済能力があると判断されれば借入れ可能です。

オリコで融資を受けた方の口コミ評判

  • 会社の運営における資金調達が必要となり、普段利用している銀行に相談したとこと時間がかかると言われたため、オリコのビジネスローンを利用させてもらいました。対応は迅速かつ丁寧で、すぐに事業資金が借りられて良かったです。また何かあれば利用されてもらいたいと思います。
  • あまり高額ではないものの事業資金が必要となり、知名度の高いオリコでローンを利用しました。オリコは知名度が高く、周りでも利用している事業主が多いことから、安心感がありました。手続きも簡単で利便性も高く、なるべく早く融資を受けたいという人にも向いていると思います。
  • 最大1,000万円の融資をしてくれる会社が少ないなか、オリコさんは快く受け入れてくれました。対応も明るく、説明も非常に分かりやすかったです。もちろん高額となる取引に対しては条件が厳しめですが、それも信頼できる会社であることの裏付けとなっていると感じました。

オリコの公式サイトで
証書貸付の詳細を確認

アイフル

アイフルは、大手メガバンクグループに属していない独立系の金融会社です。大手金融機関から資金調達ができるといったメリットはありませんが、独立系ならではの自由な経営と、独自の審査基準を設けられるというメリットを持っています。

また、アイフルといえば人気の高い芸能人を起用したテレビCMでも馴染みがあるでしょう。過去には、CM総合研究所の発表したCM好感度ランキング調査における消費者金融CM部門で1位を獲得し、親しみやすいイメージが浸透しています。

アイフルの証書貸付の特徴

アイフルでは、ファーストローンという商品名で証書貸付を行っています。組合取引の有無に関わらず全ての人が対象となるサービスで、10万円以上300万円以下の融資を10万円単位で借入可能です。融資期間は10年以内または返済回数120回以内。利率は200万円以内の場合で14.00%、210万円以上の場合は12.00%で固定されています。

アイフルは言わずと知れた大手企業のため、これまで培ってきたノウハウやシステムを最大限に活かし、即日融資レベルのスピード感のある体制を整えています。

アイフルで融資を受けた方の口コミ評判

  • 自営業のため融資を受けられるかが心配でしたが、アイフルは法人でなくても事業資金ローンを希望額で融資してもらえました。300万円以上の融資は難しいようですが、私の場合はそこまで高額な取引は必要なかったため、契約もスムーズで非常に助かりました。
  • 銀行や他の業者では資金融資を断られてしまいましたが、こちらはきちんと対応してもらえて助かりました。ファーストローンはアイフルの保証も付いているので、安心して利用できたのも良かったです。担保や連帯保証人も不要で、社員に心配をかけることなく資金調達できました。
  • 複数の業者から借入がある状態でしたが、問題なく融資を受けられました。私の住む地域にはアイフルさんの支店がたくさんあるので、利用するのにも便利でした。また、他の商品も使うことで、追加の資金を調達できるのも良かったです。

アイフルの公式サイトで
証書貸付の詳細を確認

ビジネクスト

ビジネクストは、アイフルグループに属する東証一部上場企業です。ビジネスローンをメインの事業としているほか、ファクタリングサービスも提供しているため、初めてファクタリング契約をする際にも安心でしょう。

事業者ローンのほかにも、診療保証担保ローンや不動産担保ローンなど、資金調達のサポートをしてくれるサービスに長けているため、あらゆる分野で長期的に付き合いが可能な会社です。また、比較的審査が通りやすいことでも有名なようです。

ビジネクストの証書貸付の特徴

ビジネクストでは、ビジネスローンという商品名で証書貸付を行っています。融資対象者は法人または個人事業主で、50万円~1,000万円まで借り入れることが可能です。担保や保証人は原則不要で、返済期間は元利均等返済の場合は最長5年もしくは60回以内。元金一括返済の場合は最長1年もしくは12回以内となっています。

契約時に一括での借り入れとなるため、まとまった事業資金を受け取りたいという人には最適のサービスでしょう。

ビジネクストで融資を受けた方の口コミ評判

  • 急に事業資金が必要となり、銀行で融資を受けようと思ったのですが、却下されてしまいました。そんなときインターネットで見つけたビジネクストで申し込みをしたところ、すんなりと受け入れてもらえてうれしかったです。審査結果は2~3日ほどかかりましたが、無事に資金を借り入れられました。
  • 事業内容をしっかりとヒアリングし、理解したうえで融資枠を提案していただきました。そのおかげか資金ショートを回避することもでき、本当に感謝しています。銀行の場合は事業所得をベースに計算するため融資を受けにくいですが、ビジネクストは事業の将来性なども含めて審査してくれるので、ありがたいなと感じました。
  • 売上が芳しくなく、つなぎ資金が必要となり、返済日について柔軟に対応してくれると評判を聞いてビジネクストを利用しました。審査も比較的簡単に通りましたし、スピーディーに融資してもらい感謝しています。また、返済日についての相談も何回かさせてもらいましたが、毎回スタッフさんの対応が心地良かったです。

ビジネクストの公式サイトで
証書貸付の詳細を確認

三鷹産業

三鷹産業では、これまでの経験と実績からお客様に最適な解決策を見出したうえで、スピーディーな対応を心掛けているそうです。万が一緊急を要する場合には、即回答・即日実行してもらえます。

ローンの商品については法人と個人に分かれており、法人ではビジネスローンをはじめとした5種類を、個人では3種類の商品を展開しています。どちらも相談や査定は無料で行っているため、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

三鷹産業の証書貸付の特徴

三鷹産業での証書貸付は、ビジネスローン(商工ローン)という商品に属しています。つなぎ資金や開業資金などあらゆるニーズに対応でき、法人・個人に関わらず誰でも利用可能です。また、即日審査はもちろん、即日融資にも対応しています。

申し込みは電話や公式ホームページをはじめ、FAXやメールからも可能で、契約時に来店できない場合には希望の時間や場所に配達もOKです。ただし、取引可能な地域が大阪をはじめとした西日本に限られているため、あらかじめ確認しておく必要があります。

三鷹産業で融資を受けた方の口コミ評判

  • 事業融資における運営歴が長く、最短当日の審査回答や即日融資にも対応している点に惹かれました。中小規模のビジネスローンということで、審査のハードルも他の会社より低いみたいです。そのため、銀行や他の業者では審査が通らなかった私でも、問題なくスムーズに資金調達できました。
  • 取引先からの集金に遅れが発生してしまい、支払い決済に間に合わないという事態に陥りました。他の金融機関では審査の結果が芳しくなく、三鷹産業に相談したところ、妻を保証人として立てれば融資できるとの回答が。おかげで、決算を完了できました。ギリギリのタイミングだったので、本当に助かりました。
  • 知人と共同経営で開業することになり、開業資金の融資を依頼しました。他の会社では実績がないため審査をクリアできませんでしたが、こちらのビジネスローンでは事業計画や収支計画が評価され、無事に契約を結ぶことができました。将来的な可能性も評価の対象にしてくれる部分に、大変好感が持てました。

三鷹産業の公式サイトで
証書貸付の詳細を確認

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する