証書貸付

長期融資での利用が多い証書貸付のメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

手続きに手間がかかる
証書貸付の特徴

証書貸付の「証書」とは、言い換えれば「金銭消費貸借契約書」のこと。そう、お金の貸し借りを書面にして、金融機関から融資を受ける方法です。借用書借用証書と呼ばれるのも基本的には同じもの。大枠でいえば、融資を受けるのに契約を交わさないケースこそないわけで、広義の証書貸付には消費者ローンなども含まれるわけです。

ただし、事業資金を調達する場合の証書貸付というのは、中小企業が銀行と1年以上の返済期間で契約して、長期融資を受けるケースを意味します。

金銭消費貸借契約書を都度作成するのにはじまり、印鑑証明書や登記簿、連帯保証人の捺印が必要となるなど、手続きに手間がかかるのも大きな特徴といえます。

証書貸付のメリット

証書貸付の主なメリットは以下になります。

設備投資や事業拡大などまとまった額の資金調達に有利

証書貸付のメリットは1年以上という長期資金を借りられる点。その特徴を活かして、設備投資や事業拡大などまとまった額が必要な資金調達に適しています。

設備投資や事業拡大を行う場合、長期スパンでの投資資金回収を想定しなくてはなりません。返済期間が短い手形貸付やビジネスローンにはあまり向きません。審査は比較的厳しくなりますが、長期融資を受けたい方におすすめです。

月々の返済金額をある程度抑えることができる

証書貸付は1年以上の返済期間が設定されます。借入額が高額になっても返済期間が長いため、月々の返済額を抑えることができます。簡単に言えばコツコツ返済していくタイプの資金調達です。

また金融機関や業者など利用会社との相談になりますが、返済期日や毎月の返済額、ボーナス返済の採用、繰上返済の取扱い…といった返済方法を細かくアレンジできるのも魅力。会社の経営状況や依頼主のニーズにあわせてカスタマイズできます。

証書貸付のデメリット

証書貸付の主なデメリットは以下になります。

申込の必要書類や手続きなどに手間がかかる

証書貸付のデメリットは手続きが煩雑で、手間や時間がかかってしまう点。高額な融資が受けられる分、提出が必要な種類が多く、また審査時にも貸し出し条件や資金回収のシミュレーション、融資の必要性の確認などに時間がかかます。

基本的には保証人不要の融資手段ですが、連帯保証人を求められるケースもままあり、急遽保証人を探さないといけなくなることも。すぐに現金が必要な状況には向いていません。短期的な運転資金の場合は、手続きが簡単で審査がはやい資金調達方法のほうが良いでしょう。

トータルの返済額は大きくなる

返済期間を長めに設定でき、毎月の返済の負担が少ない点が証書貸付の魅力。ですが、その反面利息の負担が重たくなるというデメリットもあります。当然の話ですが、融資期間が長引けば長引くほど、長期にわたって金利を支払わなくてはなりません。そのほかの融資手段と比べるとトータルの返済額が大きくなってしまいます。

ゆとりのある返済計画が立てられますが、必要以上に資金を借り入れたり返済期間を長くしたりすると、その分利息がかさんでしまいますので、注意して計画的に返済スケジュールをたてましょう。

審査が比較的厳しい

証書貸付は長期的かつ高額な融資が受けられる資金調達方法です。銀行や業者など融資をする側にとっては貸し倒れのリスクが高く、万が一返済できなかった場合の損失も大きくなります。そのため、手形貸付などと比べると比較的厳しい審査が設けられています。

審査のポイントは「長期にわたる返済を安定して行える企業かどうか」。安定性が重視させるので、会社のこれまでの経歴や過去の売上、利益の推移などが基準となります。まだ開業して間もない会社や赤字経営が続いている会社は、審査に通るのは難しいかもしれません。

証書貸付の審査

審査の基準となるのは「安定して毎月の返済が行えるかどうか」です。

証書貸付の場合、設備投資や事業拡大などを目的とした長期的かつ高額な融資になるケースが多く、また借入リスクを背負うことによる経営の不安定さが増すため、審査は比較的厳しくなります。

事業利益や減価償却相当額など返済財源となる項目はもちろんのこと、会社のこれまでの経営状況、売上や利益の推移、さらに会社の将来像を把握するため「事業計画書」も審査の対象となります。

それらの内容から融資を行う側で必要資金額の検証や回収シミュレーションを実施し、無事クリアすれば融資を受けることができます。

証書貸付の注意点

証書貸付で融資を受ける際は「金銭消費賃借契約書」という契約書を交わします。これを差し入れてしまうと後から変更することはできません。

金銭消費賃借契約書には契約日や借入金額、返済方法、返済期日、借入利率などの基本的な融資条件のほかに、細かく決められた条項も記載されています。すべて理解したうえで契約しなければ、のちのちのトラブルの種になりかねません。不明箇所がある場合、きちんと確認しておくようにしましょう。

また金銭消費賃借契約書の控えを貰えない場合は、自らコピーを取っておいたほうが安心です。「控えをいただけますか?/コピーしてもいいですか?」の一言を忘れないようにしましょう。

証書貸付の返済法

手形貸付は基本的に一括返済となりますが、証書貸付は分割による返済が行えるのが特徴です。返済方法は「元金均等返済」「元利均等返済」の2種類があり、事業資金の調達に用いられる融資には元金均等返済が、住宅ローンや教育ローンなどの個人向けローンには元利均等返済が適用されるのが一般的。

それぞれの特徴を簡単にまとめると元金均等返済は返済を重ねるごとに利息額が減っていき、元利均等返済は利息も含めて毎月の返済額が一定となっています。

それぞれにメリット・デメリットや向き不向きがありますので、返済方法を選べる場合は担当者などと相談しながら、状況に合わせた返済方法を選びましょう。

元金均等返済

元金均等返済では元金の部分の返済を毎月一定にして、金利は融資残高に応じて変動する返済方法です。、返済開始当初の返済額は大きくなりますが、返済を重ねるにつれて返済額は減っていきます。また元金の返済が早くなるため、元利均等返済と比べるとトータルの返済額は少なくなります。※借入期間が同じだった場合

元金返済返済は主に、事業を営む企業に利用されます。支払い利息が少なく済む…という点ではかなり魅力的ですが、返済開始当初の負担が重いため、事業の運営が思わしくなく返済財源が乏しい企業にとっては難しい返済方法です。経営が安定した健全な事業向きの選択と言えるでしょう。

元利均等返済

元利均等返済は、事業者向けの事業資金調達の返済方法として利用されることはあまりありません。一般的に、住宅ローンや教育ローンなど個人が利用するローンの返済に適用されるのがほとんどです。とはいえ、事業資金の融資に適用できないわけではありません。元利均等返済を利用できるか、どちらのほうが向いているかは担当者と話し合って決定するようにしましょう。

特徴は毎月の返済額が一定であること。元金部分・利息部分含めて一定なので、毎月の返済額を把握しやすく、返済計画も立てやすいいというメリットがあります。デメリットは元金返済返済の場合と元金部分の減少が遅いため、トータルの返済額が大きくなります。※借入期間が同じだった場合

証書貸付と手形貸付との違いとは?

証書貸付は中長期スパンで設備投資や事業拡大などを目的に、まとまった資金を調達するもの。

手形貸付は、もともと先行き現金になるはずの資産を買い取ってもらうことで、直近の運転資金を調達するのに向いています。

賢いつなぎ融資「手形貸付」を
検討してみる

金利の違い

金利で比較すると、基本的に手形貸付のほうが安くなります。証書貸付の金利が高い理由は、長期間かつ高額な借り入れが行えるため。貸し倒れのリスクと損失が大きくなる分、金利が高く設定されているのです。

事業拡大や設備投資などで高額な資金調達が必要なら仕方ありませんが、つなぎ資金を要している場合は手形貸付を利用したほうが金利の負担が少なく済みます。

借入可能額と期間の違い

手形貸付は基本的につなぎ資金などの高額でない資金調達に用いられるもので、証書貸付に比べると借入可能額は高くありません。借り入れ期間も短く、1年以内と定めている業者が多いようです。

証書貸付は借り入れ期間1年以上を前提とした長期融資手段。借入可能額も高く設定されており、事業拡大や設備投資などに要されるまとまった額を借り入れることができます。

そのため高額な資金を長期的に借り入れる必要があれば証書貸付、短期的なつなぎ資金で事足りる場合は手形貸付が適しています。

審査の厳しさの違い

審査の厳しさで比較すると圧倒的に手形貸付のほうがゆるく、審査に通りやすくなっています。証書貸付が長期的かつ高額な融資に用いられることを考えると当然と言えるでしょう。

手形貸付の場合は業者によっては銀行の融資審査に落ちた中小企業や赤字経営の会社であっても、審査に通って融資を受けられる可能性があります。

収入印紙代の違い

印紙税が安く済むのも手形貸付のほうです。

証書貸付の場合、契約書を2部作成する必要があるため印紙税も2倍かかります。たとえば1,000万円の借り入れを行う場合は印紙税1万円×2部分=2万円を支払わなくてはなりません。手形貸付は印紙税がそもそも証書貸付より安く、必要なのは1部分のみ。1,000万円借り入れた場合でも4,000円で済むのです。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する