商業手形割引

すぐに手形を現金化できる商業手形割引のメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

借入ではない資金調達法!
商業手形割引の特徴

商業手形割引とは、期日前の手形を金融機関が買い取って、手形を持っている企業に対して資金を渡すもの。手形割引とも呼ばれています。

資金調達方法としては、手形を売ることで早めに現金を手に入れることができるのですが、不渡りになった際は弁済する必要があります。

そもそも、売上代金が現金として支払われるのではなく、得意先企業の振り出した手形となるのは、製造業界や卸売業界、建設業界などでよくあるパターン。仕事は回っているのにキャッシュフローに余裕がない中小企業などは、こうした商慣習も考慮して経営をしなければなりません。

商業手形割引のメリット

商業手形割引の主なメリットは以下になります。

スピーディーに事業資金を調達できる

一般的な事象資金融資の手続きや審査などに比べると、商業手形割引はよりスピーディーに現金を入手できる資金調達方法といえます。

期日前に手形を現金化することができる

実際の業務は完了しているのに、手形の期日が来るまで現金化できないため、次の案件を回すための資金繰りが厳しくなるのが手形取引の問題。商業手形割引を利用すれば、その期日前であっても現金化できるのはメリットです。

金融機関の審査が通らない企業でも利用できる

銀行などの金融機関で融資審査に落ちた中小企業でも、手形割引なら資金調達できる可能性があります。手形割引を利用する企業と、振り出した企業との信用によるものだからです。

商業手形割引のデメリット

商業手形割引の主なデメリットは以下になります。

買い取ってもらった手形が不渡りになったら弁済する

手形を買い取ってもらうからといっても、その手形が不渡りになってしまった場合、弁済するのは手形割引サービスを利用した企業となります。

手形の金額から金利にあたる分を割り引かれる

手形割引といわれるように、金融機関や手形割引業者は額面通りではなく、金利にあたる分を差し引いて手形を買い取ります。期日まで待つより、入手できる金額は減るわけです。

商業手形割引と手形貸付との違いとは?

商業手形割引は手形の振出企業と割引を依頼する企業が別々です。このため、金融機関は双方の信用を調査した上で、融資の有無を決定することになります。

一方、手形貸付はサービスを利用する企業自体が約束手形を金融機関などに差し出すことで、資金調達をするものです。自社の経営状態が良好で、短期間のうちに返済する見込みがあるのであれば、手形貸付の方がスムーズに融資を受けることができるでしょう。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する