ファクタリング

売掛金を現金化するファクタリングのメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

早期に売掛金を現金化!
ファクタリングの特徴

例えば月末付けで納品完了した案件の請求をしたとして、翌月末にその取引先から入金される場合、その間の売掛金を専門業者に買い取ってもらうことで、本来現金が支払われるタイミングより早く資金調達できる仕組みをファクタリングといいます。

当然、売掛金まるごと現金化されるわけではなく、手数料が引かれることになりますし、売掛先が倒産するリスクもゼロではありません。従って、ファクタリングを取り扱っている業者はそのリスクを見込んで手数料設定をするというわけです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングの主なメリットは以下になります。

売掛金の入金予定日より前に現金化できる

取引先の入金サイトが比較的短い場合ならまだしも、90日や120日といった長めに設定されていると、個人事業主や中小企業にとってキャッシュフローの悪化要因になりかねません。手数料を引かれても早期に現金化することで、事業を回していくこともできます。

売掛金の回収不能リスクを避けられる

売掛先の経営が悪化して、万が一倒産したり支払いを先延ばししようとした場合など、売掛金の回収不能に対するリスク対策にもなります。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングの主なデメリットは以下になります。

売掛金から手数料を引いた金額しか調達できない

ファクタリングは事業資金調達方法のひとつではあるものの、売掛金があって、そこから業者の手数料を引いた金額以上を調達することはできません。

3社間のファクタリングでは売掛先の承諾が必要

ファクタリングには専門業者と売掛金の債権者に加えて、売掛先も含めた3社間取引となるケースがあります。この場合、売掛先の承諾が必要となるのですが、その企業に拒否されたり、今後の取引に支障をきたす可能性はあります。

ファクタリングと手形貸付との違いとは?

ファクタリングは売掛金があって売掛先が信用のある企業であれば、短期間での現金化ができる資金調達方法ともいえます。

ただし、入金日がそれほど先でない場合、安易に利用すると手数料分の収入減となります。また、債権譲渡登記が必要となるケースだと、情報が公開されるので注意してください。

手形貸付なら社内スタッフや外部に知られることなく資金調達できる点が大きな違いといえます。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する