不動産担保ローン

金利や借入期間に魅力がある不動産担保ローンのメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

長期の借り入れにおすすめ
不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンとは、文字通り不動産を担保として融資を受ける金融商品。不動産を所有していることが前提となってしまいますが、無担保ローンに比べれば金利が低く設定されていて、資産価値が高い物件を所有していれば高額な資金調達もできるでしょう。

用途としては短期的なつなぎ資金で利用されることも、借入期間を長めに設定するケースも両方あります。

注意しておきたいのが、金利とは別に諸費用がかかることと、評価額がそのまま融資枠になるわけではないという点です。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンの主なメリットは以下になります。

高額融資を長期返済で借入できる

所有する不動産の資産価値がある程度高いことが条件とはなりますが、高額な融資を長期返済で借入できるのが、不動産担保ローンの大きな特徴。事業規模があまり大きくなくても、担保物件の価値次第では多額の資金を調達して、新規事業や事業拡大に投資することもできます。

無担保ローンよりも低金利で利用できる

同じ貸金業者で無担保ローンと不動産担保ローンを取り扱っている場合、多くは後者の方が低金利になっています。特に中長期の借入をする場合、ちょっとの金利差が大きな返済額の差になってしまいます。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンの主なデメリットは以下になります。

返済できないと所有不動産をとられる

当たり前ですが不動産担保ローンを利用して返済に窮してしまうと、その担保物件を債権者にとられてしまいます。

融資を受けるには諸費用が必要

不動産担保ローンは返済の金利だけでなく、契約に伴って諸費用が発生します。事務手数料や登記費用、不動産鑑定料、司法書士費用など。また、途中解約違約金が設定されていると、早期一括返済時に違約金をとられるのも要注意です。

資金調達までの時間がかかる

不動産担保ローンは申し込む側も書類の準備が必要で、業者側も不動産鑑定や各種手続きなど、手間と時間がかかります。

不動産担保ローンと手形貸付との違いとは?

不動産担保ローンは金利が低めで長期借入が可能といったメリットがありますが、やはり融資までに最低でも数日はかかるのが一般的。

その点、手形貸付は最短即日融資の実績がある業者もいるなど、スピード重視なら手形貸付が選択肢となるでしょう。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する