利息が低い正規業者3選 はコチラから>>

不動産担保ローン

金利や借入期間に魅力がある不動産担保ローンのメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

長期の借り入れにおすすめ
不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、文字通り不動産を担保として融資を受ける金融商品。不動産を所有していることが前提となってしまいますが、無担保ローンに比べれば金利が低く設定されていて、資産価値が高い物件を所有していれば高額な資金調達もできるでしょう。

用途としては短期的なつなぎ資金で利用されることも、借入期間を長めに設定するケースも両方あります。

注意しておきたいのが、金利とは別に諸費用がかかることと、評価額がそのまま融資枠になるわけではないという点です。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンの主なメリットは以下になります。

低金利および高額融資が可能

一般的な無担保ローンと比較して不動産を担保にできるので、当然のことながら金利は安くなります。また、無担保の場合は300万円以上の借り入れが難しくなりますが、不動産担保ローンでは不動産の価値が審査に反映されるため、短期間で高額の資金を調達ができるのもうれしいポイントです。

さらに、自身の所持するものだけでなく、家族の保有する不動産も活用できます。

使用用途に決まりはない

不動産担保ローンはフリーローンに分類されるため、借り入れたお金の使用用途に決まりがなく、原則自由に使うことができます。個人融資の場合、不動産の価値に関わらず借り入れられる金額の上限が決められていますが、不動産担保ローンは不動産の価値に比例して借り入れ可能な金額の上限が上がっていくため、まとまった資金が必要な場合に有効です。

ただし、個人借入において自宅を担保とする場合は、信用借入と同じく総量規制の対象となります。

長期契約が可能

まとまったお金を借り入れたものの、短期間で返済しなければならない…となると月々の支払い負担が大きくなります。不動産担保ローンでは、不動産の現状や将来的な価値をしっかりと審査するため、金融機関における事業性資金とは異なり長期的な契約が可能です。契約先によっては、最長30年の契約も用意しています。

つなぎ融資としても役立つ

「近いうちに融資を受けることは決まっているけど、今すぐに資金が必要になってしまった…」などのケースでも不動産担保ローンは利用できます。このローンは保証人が不要なケースも多く、スピーディーに資金の調達が可能です。そのため、一時的にお金を借りる短期融資である「つなぎ融資」でも、十分に活用できるでしょう。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンの主なデメリットは以下になります。

返済できないと不動産を失うことがある

万が一返済ができない場合、担保として提供している不動産を失うことになります。不動産を担保とする時には、「抵当権」や「根抵当権」などの権利登記が該当不動産に行われます。

抵当権や根抵当権とは、お金を返済できない場合に金融機関側が不動産を競売にかけ、貸出債権を回収できるという意味です。1回の延滞ですぐに不動産を失うわけではありませんが、延滞が何回もあり、返済の見込みがないと判断されると、抵当権や根抵当権を実行されてしまいます。

このような事態に陥らないよう、不動産担保ローンを利用する際には、綿密な返済計画を立てることが重要です。

審査に時間がかかる

個人向けのカードローンや事業主向けのビジネスローンは担保や保証人が原則不要なため、最短30分で融資を打ち出す金融機関もあります。そのため非常に迅速な借り入れもでき、即日融資が可能になる点が大きな魅力でしょう。

一方で不動産担保ローンは、即日融資に対応していないケースがほとんどです。これは不動産の担保評価が大きく関わっており、外部の専門家に評価を依頼する場合はかなりの日数を要するため。審査回答から融資の実行までは短くても5営業日、長い場合だと1か月以上かかることもあるので注意が必要です。

追加担保が発生するケースがある

万が一担保としている不動産の価値が下がってしまった場合、追加担保を差し出さなければならないこともあります。不動産の価値は変動するという認識がないと、突然の追加担保請求に戸惑ってしまうことでしょう。担保としている不動産は価値変動のある資産だということを念頭に置いておかなければなりません。

諸費用が発生する

不動産担保ローンは返済の金利だけでなく、事務手数料や登記関連費用、印紙代などが発生します。不動産担保の査定には不動産鑑定が必要なので、金融機関も事務手数料を設定せざるを得ないのです。また、途中解約違約金が設定されていると、早期一括返済時に違約金を取られます。

借入時の諸費用が発生しない融資方法と比べると、諸費用がかかるのは大きなデメリットだと言えます。

不動産担保ローンと手形貸付との違いとは?

不動産担保ローンは金利が低めで長期借入が可能といったメリットがありますが、やはり融資までに最低でも数日はかかるのが一般的。

その点、手形貸付は最短即日融資の実績がある業者もいるなど、スピード重視なら手形貸付が選択肢となるでしょう。

賢いつなぎ融資「手形貸付」を
検討してみる

不動産担保ローンの特徴

担保にできない不動産とは?

不動産担保ローンには、以下のように担保として差し出せないものもあります。

  • 地方の山林
  • 離島の不動産
  • 崖地の不動産
  • 再建築不可物件
  • 築年数が古い建物
  • 利用上の制限がある物件

このような不動産は換価性が低く、買い手が見つかりにくい物件です。買い手がつかないであろう不動産は担保の価値がないと判断され、不動産担保ローンの審査に通りません。また、農地や保安林などの利用制限がある物件も、同様の理由から担保として差し出せない可能性が高いのです。

不動産担保ローンが事業資金調達に使用されるケースとは

運転資金や設備資金として

運転資金や設備資金の資金調達には、公的融資や保証協会の保証付融資、ビジネスローンなどさまざまな選択肢があります。ですが、既に借入れをしており追加融資が受けられない場合や、審査に通らなかった場合は、他の選択肢を考えなければなりません。そんなときに役立つのが不動産担保ローンです。

不動産担保ローンであれば担保を差し出すため、金融機関側の貸し倒れリスクは低くなり、審査に通る可能性が高くなります。

開業資金や起業資金として

会社は起業後1~2年が最も倒産する確率が高いため、銀行融資やビジネスローンの審査では事業歴が重視されます。そのため、最低でも2期分の決算を済ませている状態でないと、資金を借りたくても難しいというケースが珍しくありません。

その反面で不動産担保ローンは、不動産を担保としているため事業歴はほとんど審査に影響しません。開業資金や開業後間もないうちに資金を調達する必要がある場合は、不動産担保ローンの利用も検討してみましょう。

不動産会社の仕入れ資金として

不動産会社は物件を仕入れられなければ、収入をほとんど得られません。ただし、物件の仕入れには、多額の費用を必要とします。銀行融資なども利用できますが、枠を超えて資金調達を行う際には保有物件を担保として差し出せる不動産担保ローンは好都合です。

借り入れの返済資金・借り換え資金・借り入れのまとめ資金として

不動産担保ローンの金利は無担保ローンと比べて低金利になっています。適用される金利が借り換えにより低くなれば、利息や毎月の返済額、総返済額の全てが安くなるのです。そのため、個人でなく法人でも不動産担保ローンにて借り換えや、おまとめ利用をすることがあります。

また、すでに銀行融資や公的融資で資金を調達しており、返済資金が不足している場合には、不動産担保ローンを利用することで資金繰りが難しい時期の返済が可能になります。

そのほかの資金として

安価な中古物件を仕入れてリフォーム後に売る再販業者は、なるべく多くの物件を仕入れる必要があるため、仕入れ資金として不動産担保ローンを利用するケースが多いようです。仕入れる不動産そのものを担保にできるので、非常に有力な資金調達方法となるでしょう。

また、不動産売買の仲介業者も自社で一時的に物件を持ってから売却することがあり、売却までの期間は仕入れ金額を不動産担保ローンで借り入れるケースがあります。

不動産担保ローンを利用した方の体験談

「金利の安さに驚きました」

ネイルサロンを営んでいます。今までは口コミや紹介で集客してきましたが、売り上げ拡大を目標にホームページの開設や店舗改装をしようと考えました。資金計画は運転資金を含め1,000万円程度となり、個人事業主向けローンでも予算内でしたが、金利がやや高く、親の所持する物件で不動産担保ローンを利用することにしました。申し込みから契約、融資の実行まで10日くらいで計画通りに資金調達ができ、無担保ローンと比べて金利も安くなって良かったです。

「自宅資産の有効活用ができた」

ここ最近の不景気により資金繰りが苦しくなり、長期の運転資金を借入できないかと相談したところ、自宅を担保にすれば1,000万円程度の資金調達ができると言われ、早速利用しました。自宅資産の有効活用にもなりますし、事業の運転資金として利用するには非常に利便性が高いと感じました。おかげで資金繰りもなんとか持ち直し、無事に事業を続けることができました。

「唯一利用できたローンです」

働きながら資格を取得し、スキルを活かした事業をするための準備をしていましたが、開業のためには多額の費用が必要となることが分かりました。最初は銀行に融資の相談に行きましたが、事業歴がないことを理由に断られ、公庫融資は審査が厳しいとして半ば諦めかけていました。そんなとき、インターネットで不動産担保ローンを知り、父から不動産の生前贈与を受けていたので相談し、無事融資をしてもらえることになりました!

悪質な会社の見極め方【不動産担保ローン編】

日本で不動産担保ローンの需要が増えたことから、不動産を担保とした融資を行う会社も増加しています。ただし、どの会社も最善のサービスを提供しているとは限らず、中には闇金のような悪質なサービスを行っている会社も存在することを忘れてはいけません。

以下では、悪質な会社の見極め方について、3つのチェックポイントを紹介します。表面上ではお客様にとって良いことばかりを謳う悪質な会社と契約して後悔する前に、しっかりと確認しておきましょう。

チェックポイント1.会社概要

悪質な会社資本金が少ないのにもかかわらず、銀行金利とほぼ変わらない低金利を謳っている傾向が高いです。資金力の低い会社は銀行ほどの低金利で融資できるはずがありません。

しかも、悪質な会社は会社概要がほとんど記載されていないことが多く、特に会社の所在地を架空の住所にしていることがあります。そのため、怪しいと感じた場合には、ストリートビューなどで会社があるかを確認してみましょう。明らかに怪しい時には、実際に訪問してみるのも良いです。

チェックポイント2.実際の対応

悪質な会社は、担当者の話し方や対応に誠実さが感じられなかったり、強引に契約を迫るなどの特徴があります。不動産担保ローンについてある程度の知識はあっても専門家ほどの知識は持っていないため、話もそこそこに契約を行おうとするでしょう。

また、店舗での相談や手続きではなく、電話のみで契約を完了させようとするケースも多くみられます。対面での相談を頑なに拒否してくる場合は、悪質な会社である可能性が高いです。さらに、証拠を残さないよう、契約書を結ばない会社もあります。

チェックポイント3.審査・融資方法の詳細

借入の申し込みを行う際に別会社を紹介され、紹介料を請求される

ことがあります。もちろん、安全な会社は自社融資をするため、紹介料がかかることはありません。また、自社融資であっても返済が厳しくなった時に、他社を紹介して追加融資を勧めるような会社は、良い会社とは言えないでしょう。

さらに、融資が無理だと分かっているお客様に対し、「担保にする不動産を調べる必要がある」などの名目で、調査費を請求されたというケースもあります。万が一「調査費」という言葉が出た場合は、目的・期間・方法を詳しく聞き、判断材料にしてください。

不動産担保ローンに対応している業者5選

ここでは、不動産担保ローンに対応している業者を5社紹介します。一口に不動産担保ローンといっても、会社によって金利や条件などが異なるため、業者ごとの特徴を掴んでおくことが重要です。また、過去に不動産担保ローンにて融資を受けた人の口コミ評判を知れば、その業者のイメージが湧きやすいでしょう。

A-pro

A-proは法人向けに事業資金の融資を行う業者です。東京都にて正規の貸金業者として登録されており、日本貸金業協会会員の加盟企業でもあります。テレビCMやチラシなどの広告宣伝をほとんど行っていないため認知度は低いものの、正規登録業者であるため誰でも安心して利用可能です。

公式ホームページには融資までの細かい流れだけでなく、返済シミュレーションもでき、借入金額と年利における月々の支払い額が確認できるようになっています。

A-proの不動産担保ローンの特徴

法人に向けた不動産担保ローンを扱うA-proは、10万~5,000万円の範囲内で事業資金のサポートをしています。非常に幅広く対応しているため、まとまった資金を要する場合にも活用できるでしょう。

利息は6.80%~18.00%と法定金利内。返済方式は一括返済・元金均等返済・元利均等返済・返済日指定決済方式の4種類から選択可能です。返済期間は最長3年、最大回数36回となっています。

また、不動産担保ローンでは当座照合表が不要な代わりに不動産登記簿謄本が必要となるため、間違えないよう注意しましょう。

A-proで融資を受けた方の口コミ評判

  • 社員に知られることなく融資を受けたいと思い、インターネットで見つけたA-proで相談させてもらいました。不動産担保ローンなら申し込み情報に残らず、信用情報に傷が付かないのも嬉しいポイントでした。担当者とは何回か電話でのやりとりをしましたが、毎回私個人の携帯に個人名でかけてきてくれるので、本当に社員に知られることなく融資を受けられました。
  • 個人向けのローンや紹介をしていない点が、法人に特化している印象で、大変好感が持てました。担当者の対応も明るく、こちらの事情で少々無理なお願いをしても、快く受け入れてくれたことに感動しました。思っていたよりも早く資金調達ができ、本当に感謝しています。
  • 資金繰りに頭を抱えていましたが、すでに銀行にて融資を受けていたためビジネスローンも組めず、大変困っている旨を伝えました。A-proさんは不動産担保ローンも行っており、金利も比較的低かったため、その場で利用することを決断。審査にはやや時間がかかりましたが、結果的に資金繰りも立て直し、無事に事業を進めることができ、とても満足しています。

A-proの公式サイトで
不動産担保ローンの詳細を確認

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ

東京・大阪・福岡に拠点を構えるジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズは、創業40年以上の豊富な実績を有する会社です。全国の企業を対象として、積極的かつ迅速に高品質の金融サービスを提供しています。

不動産担保ローンをはじめ事業融資や商業手形割引、比較的新しいサービスである電子債権割引など多種多様な取引実績も持ち、融資などの金融ソリューションのみならず、資産管理や投資アドバイス、土地開発や不動産投資など幅広い事業を行っています。

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの不動産担保ローンの特徴

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズで行っている不動産担保融資は、「お客様の信用力に不動産の価値をプラス」をモットーとしています。お客様の信用力に不動産の価値をプラスして融資金額が決まるため、まとまった資金の調達ができるでしょう。

地方物件も担保にできるような審査基準を設けており、依頼主だけでなく家族の保有する不動産も活用できるのも特徴です。開業して間もない・赤字決算・民事再生中など、自身の与信に不安を抱いている人でも、安心して利用できます。

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズで融資を受けた方の口コミ評判

口コミ評判が見つかりませんでした。

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの公式サイトで
不動産担保ローンの詳細を確認

アクトウィル

アクトウィルは大口でまとまった資金を必要としているお客様に対し、経験豊富なスタッフが最適なプランを提供してくれる会社です。複数の金融機関からの借入を1つの業者にまとめ、借金返済をスムーズにする「借入一本化」に力を入れており、事業主にとって健全な資金繰りを可能とするために、大口の融資ができるようになっています。

また、お客様と多岐にわたる付き合いを重視しているため、事業計画の負担にならない低金利での融資を心掛けているのも特徴です。

アクトウィルの不動産担保ローンの特徴

アクトウィルの不動産担保ローンでは、お客様のニーズに最大限応えられるよう、円滑できめ細かい取引を心掛けています。融資額の上限は5,000万円で、利率は年利8.00%〜15.00%となっています。ただし、返済期間は原則として12ヶ月以内となっているため注意が必要です。

また、柔軟な対応を心掛けているので、5,000万円以上の借り入れや返済期間の書き換え継続も、引き受けてくれる可能性があります。まずは相談してみるといいかもしれません。

事務手数料が1.00%~3.00%かかるほかに、抵当権設定費や印紙代、物件調査料等の実費が必要となるので注意してくださいね。

アクトウィルで融資を受けた方の口コミ評判

  • 他社の事業者ローン審査を受けたものの受け入れてもらえず、不動産担保ローンを提案してくれたのがアクトウィルさんでした。スタッフの対応に力を入れているだけあって、迅速かつ丁寧な接客に感動しました。おかげでまとまった資金が手に入り、事業を立て直すことができました。

アクトウィルの公式サイトで
不動産担保ローンの詳細を確認

日本保証

日本保証は、不動産担保ローンをはじめ手形割引や有価証券担保ローンなど、あらゆるサービスを手掛けるトータルファイナンスカンパニーです。保証事業と個人向けファイナンス事業、事業者向けファイナンス事業という3つの事業を柱にしており、さまざまなニーズに対応できる「お客様に愛される企業」を目標としています。

事業者向けファイナンス事業では、不動産担保ローン・手形割引・有価証券担保ローン・不動産担保ローンの4つのサービスを展開しています。

日本保証の不動産担保ローンの特徴

日本保証の事業者向け不動産担保ローンは、50万円から10億円まで融資可能です。ここまでまとまった資金を調達できる業者はあまりありません。他の業者では断られてしまった大口融資でも、引き受けてくれるかもしれませんね。

また、日本保証では不動産担保力を重視し、多角的な審査を行っています。抵当権が付いている不動産でも取引可能で、共有持分のみを担保とすることも可能です。新規自営業で決算を迎えていなくても相談に乗ってくれるため、企業資金に困っている人も気軽に利用できます。

日本保証で融資を受けた方の口コミ評判

  • 銀行からの融資が難しい時に利用を考えたのが事業者ローンですが、一般的な無担保ローンでは大きな額が借りられないのがネックでした。これでは話にならないと感じ、豊富な実績がある日本保証での不動産担保ローンを検討しました。こちらは、審査も比較的早かったです。
  • これまで融資を受けた経験が全くなく、いざ融資を受けようとしたらほとんどの金融機関で門前払いされました。正直言って、簡単に借りられると思っていたので動揺しました。そんなときに知ったのが不動産担保ローンです。父が借地権を持っている土地を担保にし、300万円くらいの融資を受けました。返済期間も長めに設定できたので、負担なく返済できています。
  • 個人事業を始めて10年近くになりますが、赤字すれすれの売上が原因で銀行からの融資は受けられませんでした。一方で日本保証の不動産担保ローンは、家族名義の土地でも担保にできると聞き、ダメ元で申し込みをしたところ、すぐに結果が届いて、そのスピード感にびっくりしました。

日本保証の公式サイトで
不動産担保ローンの詳細を確認

湊屋商事

昭和39年に東京南青山にて創業した湊屋商事は、この道50年の実績を持ち、累計30万口座以上への融資実績を誇る会社です。貸し手の立場を利用し、借り手であるお客様に対して上から目線でのやりとりを行うような企業ではなく、対等な関係で話を進めてくれます。お客様との付き合いが始まってもこの姿勢が変化することはなく、常に気持ちの良い取り引きが行えるでしょう。

不明瞭な事務手数料や違約金も一切発生しないことが高く評価され、88.9%という高いリピート率を誇ります。

湊屋商事の不動産担保ローンの特徴

湊屋商事での不動産担保ローンは、100万円から5,000万円の融資を可能としています。貸付利率は8.00%~15.00%で、返済回数は1か月(1回)から60か月(60回)と幅広く選択できるのが特徴です。

担保の対象となる不動産はその価値を最大限に活かした評価を行うため、他の業者と比較して審査に通りやすいのもメリット。また、保証料や事務手数料、途中解約手数料もかからないため、不動産担保ローンのデメリットである諸費用の支払いを回避できます。

湊屋商事で融資を受けた方の口コミ評判

  • 厳しい状況であったにもかかわらず、希望金額を融資してもらえました。とくに素晴らしいと思ったのは、担当者さんのフットワークの軽さです。初回面談はもちろん、契約までのスピードの早さにびっくりしました。こちらの悩みや不安に対して寄り添ってくれるような対応にも感動しました。
  • 50年以上の歴史を持つ老舗金融業者なだけあって、各サービスの説明がとても分かりやすかったです。他の業者にも相談しましたが、湊屋商事はメリットだけでなくデメリットもきちんと教えてくれたので、信頼できると確信しました。また、利用者の返済能力もしっかり見極めてくれるため、無理せず返済できるようアドバイスしてくれます。
  • 下限金利が8.00%とやや高めの設定ではありますが、諸費用を必要としないという点や高い実績を持つという点に好感が持てました。上限金利は15.00%でこちらは相場通りといった印象です。返済回数は選択の幅が広く審査も通りやすかったので、不満は一切ありません。担当さんの対応も非常に良かったです。

湊屋商事の公式サイトで
不動産担保ローンの詳細を確認

利息が低い正規業者2選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い2社を選びました。

A-pro

A-proの公式HP画像
引用元:a-pro公式サイト
https://a-pro.in/

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズの公式HP画像
引用元:ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ公式サイト
https://www.jpnfs.com/

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する