当座貸越

契約期間内の借入・返済自由度が高い当座貸越のメリット・デメリットや、運転資金調達におすすめの融資方法である「手形貸付」との違いを紹介します。

財務状況の良い企業向け!
当座貸越の特徴

当座貸越とは、予め融資可能な限度額を設定した契約を締結しておいて、契約期間はその限度内で借入や返済を手軽にできる融資方法。消費者向け金融サービスでいえばキャッシングと似たようなもので、限度枠の範囲なら困った時にちょっとした金額を即借りられるわけです。

一般的に契約期間は1年で設定されるケースが多く、期間終了時には更新をする必要があります。ベースの契約があれば物入りの時、容易に資金調達できるのですが、その分契約時の審査はハードルが高めに設定されている傾向があります。

当座貸越のメリット

当座貸越の主なメリットは以下になります。

融資が必要な状況ですぐに資金調達できる

これは初回申込時ではなく、すでに当座貸越の契約を締結していることが前提となりますが、運転資金やトラブル対応など、すぐに資金を用意しなければならない時、当座貸越が便利です。

即資金調達して、しかも短期間で返済すれば利息も少なくて済みます。

契約期間中なら手続きが簡単で都度の審査は不要

銀行の当座貸越を契約していれば、融資の手続きは専用伝票に押印して提出するだけ。その都度審査を受けることはないので、手間がかからず結果資金調達までが短時間になります。

当座貸越のデメリット

当座貸越の主なデメリットは以下になります。

当座貸越は審査のハードルが高い

限度枠があるとはいえ、契約期間内は自由に借入・返済できるサービスなので、金融機関からすれば財務内容が良好な安定経営の企業をメインターゲットとしています。従って、資金繰りに窮している中小企業は、そもそも当座貸越の審査に通るのは難しいともいえます。

当座貸越と手形貸付との違いとは?

当座貸越は財務内容が良好な企業が、運転資金など短期的資金調達を主な目的として利用するサービス。

手形貸付も直近の運転資金を調達するのに利用するケースが多いので、用途は似たようなもの。ただし、サービスを利用する企業側の財務状況として、当座貸越は安定が求められる傾向があるのに対して、手形貸付はあまり余裕のない中小企業でも審査に通る可能性があるといえます。

利息が低い正規業者3選

東京に本社がある貸金業者の中から、手形貸し付けの利息が低い3社を選びました。

A-pro

利息(実質年率)

6.80%
~18.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

不要

A-proの
公式HPへ

A-proに
電話で相談する

ジャパン・
ファイナンシャル・
ソリューションズ

利息(実質年率)

8.00%
~14.90%

最短審査期間

翌日

来店・訪問

必要

JFSの
公式HPへ

JFSに
電話で相談する

アクトウィル

利息(実質年率)

9.00%
~20.00%

最短審査期間

即日

来店・訪問

必要

アクトウィルの
公式HPへ

アクトウィルに
電話で相談する